Windows,Officeの3月の月例セキュリティ更新

マイクロソフトは3月13日、Windows、Office等ソフトウェアの月例セキュリティ更新プログラムを公開しました。
対象は、
・Internet Explorer
・Microsoft Edge
・Microsoft Windows
・Microsoft Office、Microsoft Office Servers および Web Apps
・Adobe Flash Player
・ChakraCore
・Team Foundation Server
・Skype for Business
・Visual Studio
・NuGet
になります。

Windows10は、緊急のパッチが6件
Windows Server2019,2016は緊急のパッチが4件
Windows7/8.1,Windows Server2008/2012は緊急のパッチが9件
Microsoft Edgeは緊急のパッチが6件
Internet Explorerは緊急のパッチが10件
Microsoft Officeは重要で4件
.NET Core SDK、Nuget、Mono Frameworkは重要で1件
Visual Studioは重要で1件
ChakraCoreは緊急のパッチで1件
Adobe Flash Playerは注意レベルの2件
Team Foundation Serverは注意レベルの1件
それぞれの更新プログラムになります。

その他、2月の更新プログラムであった一部不具合の修正も含まれています。

マイクロソフトからはできるだけ早期の適用をと告知されていますので、「Windows Update」等からのアップデートを行ってください。

2019 年 3 月のセキュリティ更新プログラム (月例) : 日本のセキュリティチーム(マイクロソフト)