メッセンジャーアプリ「WhatsApp」に脆弱性:Kaspersky Blog

Facebookのメッセンジャーアプリ「WhatsApp」に、ゼロデイ脆弱性が存在することがわかりました。

VoIP機能にバッファーオーバーフローの脆弱性「CVE-2019-3568」が存在し、それを利用してリモートで任意のコードを実行させることが可能となります。
この悪用は実際に確認されたという報道もあります。

なお、対策として最新バージョンへのアップデートがありますので、利用されている方は早急にアップデートするようにしてください。

WhatsAppの新たな脆弱性:ワン切りで始まるスパイ行為 : Kaspersky Blog

CVE-2019-3568 : Facebook