iOS13 発表

Appleは、WWDC2019にて、iOS13をこの秋にリリースすると発表しました。


FaceIDのロック解除が最大30%高速化される、アプリ起動が2倍速くなるなどの強化が図られています。


このiOSから、ダークモードが搭載されます。


また、様々なアプリなどへのサインインに対して、FaceBook IDや、Twitter IDでのサインインが対応していましたが、このiOSから、Apple ID でのサインインが出来るようになります。


また、カメラアプリでは、ポートレートモードの強化や、ローテットビデオなどが標準装備されます。
Siriもよりなめらかな発声となるなど向上しています。


AirPadについても2台のAirPadを1台のiPhoneに接続し、音楽を共用することができるようになります。

対象機種は、iPhone SE 及び iPhone 6S以降になり、今回対象から外されるのではと思われていた6SやSEが対象となっているため、長く使っていたいユーザにとってはうれしい内容となっていると思います。

iOS13 Preview : Apple

前の記事

Apple WWDC2019開催

次の記事

iPadOS 発表