Microsoft 7月の月例セキュリティ更新プログラム公開

Microsoftは7月10日(日本時間)、7月の月例セキュリティ更新プログラムを公開しました。

対象は、
・Internet Explorer
・Microsoft Edge
・Microsoft Windows
・Microsoft Office、Microsoft Office Servers および Web Apps
・Azure DevOps
・Open Source Software
・.NET Framework
・Azure
・SQL Server
・ASP.NET
・Visual Studio
・Microsoft Exchange Server
となり、各製品の最大深刻度及び最も大きな影響は以下になります。
Windows 10 : 緊急(リモートでコードが実行される)
WindowsServer 2019,2016 : 緊急(リモートでコードが実行される)
Windows8.1,Windows 7,WindowsServer 2012,2008 : 緊急(リモートでコードが実行される)
Internet Explorer : 緊急(リモートでコードが実行される)
Microsoft Office 関連のソフトウェア : 重要(リモートでコードが実行される)
Microsoft SharePoint 関連のソフトウェア : 重要(特権の昇格)
Microsoft Exchange Server : 重要(特権の昇格)
Microsoft SQL Server : 重要(リモートでコードが実行される)
Microsoft .NET Framework : 緊急(リモートでコードが実行される)
ASP.NET Core : 警告(なりすまし)
Azure DevOps Server 2019.0.1 および Team Foundation Server : 緊急(リモートでコードが実行される)
Azure IoT Edge、Microsoft Azure Kubernetes Service、Azure Automation : 重要(特権の昇格)
メール/カレンダー : 重要(情報の漏洩)
ChakraCore : 緊急(リモートでコードが実行される)

今回も多数の脆弱性の修正が行われていますので、適用をするようにしてください。

なお、メール/カレンダーはMicrosoft Storeからアップデートをしてください。

2019 年 7 月のセキュリティ更新プログラム (月例) : Microsoft Security Response Center