IPA 偽セキュリティ警告からのアプリインストール誘導の手口に注意喚起

独立行政法人情報処理推進機構(IPA)セキュリティセンターは9月18日、「安心相談窓口」に「スマートフォンで偽のセキュリティ警告からアプリのインストールへ誘導する手口に注意」の注意喚起を発表しました。

事例として、
使用しているスマートフォンに偽のセキュリティ警告を表示させ、表示に従って操作させてアプリをインストールさせる手口になっています。
アプリをインストールして有料登録してしまう事例が最近増えているということです。

偽のセキュリティ警告が表示されたときの対処法も記載されていますので、一読しておいてください。

スマートフォンで偽のセキュリティ警告からアプリのインストールへ誘導する手口に注意~ 意図せずアプリの自動継続課金の契約をしていないか、確認を ~ : 安心相談窓口(IPA)