本日でWindows7のサポートが終了

本日、2020年1月14日をもって、Windows7のサポートが終了となります。

これによって、毎月行われてきたセキュリティ更新プログラムの提供が終了となります。

このことにより、脆弱性が発見された場合にも、セキュリティ更新プログラムが提供されないため、脆弱性を突いた攻撃などに対処することが出来なくなります。

このことは、インターネット環境でWindows7を使い続けることは、リスクが高くなることになります。

法人でWindows7を使用していて、システムの関係でWindows10に変えることが出来ない場合には、有償の更新サービスが提供されることにはなっていますが、かなり高額との話があります。

まだ、Windows10に切り替えていない方は、なるべく早くきりかえるようにしてください。