Apple、iOS13.5、iPadOS13.5をリリース

Appleは5月20日(アメリカ時間)、iOS13.5、iPadOS13.5をリリースしました。

今回のアップデートでは、新型コロナウィルスに関連した機能の実装がされています。

Face IDとパスコード
・Face ID搭載デバイスでのマスク着用時のロック解除操作を簡略化
・マスク着用時にロック画面の下端から上にスワイプすると、パスコードフィールドが自動的に表示
・App Store、Apple Books、Apple Pay、iTunesや、Face IDでのサインインに対応するその他Appでの認証時にも使用可能

FaceTime
・グループFaceTime通話で参加者が話しているときにビデオタイルのサイズが変更されないように、自動的に目立たせる機能を制御出来るオプション

iOSには、Googleと共に実装を発表していた新型コロナウィルス対策の以下のAPIが実装されています。

接触通知
・公的保健機関から提供される新型コロナウィルス感染症(COVID-19)接触追跡Appに対応する接触通知API

その他、iOS、iPadOS共に、以下のバグ修正及びその他の改善が含まれています。
・一部のWebサイトからストリーミングビデオを再生しようとしたときに黒い画面が表示されることがある問題を修正
・共有シートでおすすめやアクションが読み込まれないことがある問題に対処

外出が必要な時はマスクを常にしているため、そのときの操作が楽になると思います。
アップデートを推奨いたします。